YUTAKA(ゆたか)

プロフィール

「こんなこと誰にも話せなかったのに、

話すことができた」


「何だか話しているだけで癒された」


「自分のやりたいことが見えてきた」

 

との評判の癒し系占い師。 


 さまざまな占いの歴史のなかでも特に歴史が長い西洋の手相術を活用して、あなたの性格から宿命、適職や転職​など仕事に関すること、恋愛、人間関係、金運まですべて解き明かします。

また、西洋手相術と関係が深い、「西洋占星術(ホロスコープ)」や「数秘術」、机上の占星術と称される「トートタロット」などを組み合わせて今後の運気の流れを拝見します。

ココロを解きほぐし、再出発したいときにオススメの占い師です。

経歴

★鑑定人数は数万人★

 1973年生まれ。国会議員秘書、著述業などを経て手相占い師に。独学で手相占いを研究し、その的中率の高さから西洋手相術に行き着く。都内の占いイベント等で修行を積み、これまでの鑑定人数は数万人。さまざまな人に会った経験を活かした分析&アドバイスには定評がある。当たるだけでなく、「癒やされる」と評判の手相占い師。

 自分を見失いがちな人の心を解きほぐし、自分らしさを取り戻して仕事や人生を充実してもらうためのアドバイスやサポートを、西洋手相占いや西洋占星術、数秘術などで提供しています。


★西洋手相術について★

 西洋手相術は西洋占星術を土台とした占いです。惑星を使って占います。太陽・月・火星・水星・木星・金星・土星の7つの惑星は誰でも掌にもっています。それぞれの惑星の強弱はその人によって異なります。

木星が強い人は、素晴らしいリーダーシップを発揮し、土星が強い人は慎み深さを表現します。月が強い人は、創造力を掻き立てる人などさまざまな性格分析が可能です。


★ 占い業界に入ったきっかけ ★

 私がこの業界に入ったのは、サラリーマンとしてライターをしていた2003年でした。このままサラリーマンを続けるのか、独立するのか、悩みました。考えても考えても答えは出ませんでした。

 そこで、進路を決めるために渋谷の手相占いの店に立ち寄りました。その日は雨が降っていて、時間は19時を過ぎていました。鑑定してくれた先生は、「何よりも手相が好き」と言っていました。鑑定だけでなく、"今日は誰も来ないからよく見ておこう "と、手相の見方も教えてもらいました。元々、心理学に興味があったので、手相の魅力に取り憑かれて独学で勉強しました。古本屋の占いの本で勉強を続けましたが、なかなかうまくいきませんでした。そんな時、20世紀初頭にイギリスで大活躍した手相占い師のチロさんの翻訳本を見つけました。その本を参考にして鑑定したところ、的中率が上がったのです。それからは、実物と翻訳本の研究に没頭しました。

 転機となったのは、ある起業家が主催した異業種交流会です。そこで、手相占い師として、イベントの2〜3時間の間、30〜40人の参加者全員の手相を見続け、好評を博しました。

  長男・長女の多くは、長い間厳しく育てられてきたため、なかなか自分を表現することができません。家庭は社会の最小単位であり、家庭環境の影響がその後の社会生活に影響を与えることも少なくありません。自分らしさを見失いがちな人」が、心にゆとりを持ち、仕事や生活を豊かにしていけるよう、アドバイスやサポートをしていきたいと思っています。

アドラー式勇気づけメンタルセラピストトレーナー

財団法人日本文化交流財団 監修:一般社団法人神社本庁協会

占術


西洋手相術(Palmistry), 占星術(Astrology),数秘術(Numerology),

トートタロット (その他さまざまなタロット), ルーン,周易など



0