Western Palmistry Blog

ブログ

親指はあなたの第一印象

投稿日: 2018 11月 10、2:49 午後
●親指はその人の特徴を表す
 
イギリスの手相の大家、キロ(Cheiro)が
書いた本『Palmistry for All』(手相のすべて)をもうちょっと見てみましょう。
 アメリカ版には、親指によって、その人の性格がわかると書かれています。

キロは、「親指はその人を表している」というフランスのカジミール・スタニスラス・ダルペンティーニ(Casimir Stanislas D'Arpentigny)という手相家の話を引用しながら、
親指の重要性を説いています。ちなみにダルペンティーニという手相家は、

1798年生まれのフランス軍の大佐(大尉?)で文学者でもあった人です。
 
ダルペンティーニは1839年に『手の知識』という本を出版します。
そこでダルペンティーニは、7つの手の形、タイプに
ついて紹介するのですが、それは現在の手相
の本にも書かれているという、西洋手相の世界では、
とっても有名な人です。
 
手の形のことと言ったら、ダルペンティーニの
話が出てくるみたいな感じです。
 
話を元に戻しますと、キロは親指が脳の一部に関わって
いることが医学的にも証明されていると言っています。
 
キロによると、親指の形状によって次のように性格分析
ができるといいます。
 
まとめてみましょう。
 
親指が大きく発達しているは、意志が強い人。
決断力があり、外向的としています。
親指が長い人は、ルールを守る気持ちが強い人。
親指が短い人は、頑固で底力がある人としています。
 
芸能人とか女優さんの親指を見るとだいたい
大きく発達している人が多いですね。
モデルさんとかに多いのが親指の長い人です。
自己主張はあまりしない人ですね。
親指が短い人は監督とかに多いような気がします。
 
カニのようなずんぐりとした指は暴力的、とキロは
指摘していますが、全体的な手の形を見ると一概に
言えない場合もあります。
 
西洋手相術では、親指は金星が守護する指。
調和と愛を表す、人が人たる所以の指なのです。
また、その人の全体的な印象を表す指ともされています。
 
自分の親指がどのような形なのか?
一度、じっくりと見てみると面白いですよ。

カテゴリー: 海外の手相本

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 コメント

0